犬のしつけは生後60日後くらいから始めるのがベスト!!

2016-04-21_233509

スポンサーリンク

初めて犬を飼う人にとって、「しつけ」とはどのようにしつければいいのか具体的な方法などわからないことばかりだと思います。

だからといって、しつけをしないで育ててしまう知らない人にワンワン吠えたり、よその犬とケンカをしてしまう、さらには飼い主の言うことさえも聞かなくるなど手をつけられないワンちゃんに育ってしまいます。

そうなってから矯正しするのはなかなか難しく直らないこともあるため、そうならないために子犬が家にやってきて「いつから」しつけを始めれば良いのか?について解説したいと思います。

なぜしつけは生後60日後から始めるべきなのか?

2016-04-21_233509

犬のしつけは生後60日後から始めると良いと言われますが、なぜかというと生後60日目までは母犬や兄弟の元で一緒に過ごすことにより他の犬との関わり方など社会性を学び生育上必要なこととされているからです。

あまり生後早い時期に親元から離すと情緒不安定になり良くないと言われています。生後60日後以降になると好奇心旺盛になってくる時期です。

ペットショップでも販売されるようになり新しい飼い主の元にやってくるためしつけを始めるには丁度いい時期になります。

しつけにも3つの種類がある

2016-04-21_232409

しつけといっても実は主に3つに分類できます。一つずつ見ていきましょう。日常生活に関わる絶対に必要なしつけ(食事・トイレ・散歩等)

  1. 見知らぬ人や犬などに対する外界で必要なしつけ(無駄吠え等)
  2. 飼い主が犬の行動をコントロールするためのしつけ(おて、まての動作など)
  3. しつけをする前に犬の能力と行動を知る

“待て!!”“おすわり!!”など大声をあげて言葉でわからせようと努力している飼い主さんをお見かけしますが、正直無駄な行為です。

なぜか?それは犬は人間の言葉を理解して行動しているわけではありません。

どういうことかというと、例えば犬に向かって「おすわり」と言うと犬が座りご褒美としておやつがもらえるとします。

この光景から私たち人間は犬が“おすわり”と言う言葉を理解したから座ったと考えがちですが、そうではなく「こういう行動をすればご褒美をもらえる」という行動自体を記憶しているだけで言葉自体の意味を理解し判別しているわけではないのです。

犬の脳の構造は人間と変わりませんが、大脳新皮質の量が圧倒的に少ないため抽象的な概念を理解することができず言葉を使ってコミュニケーションを取ることはできません。

ですのでいくら根気よく言葉で教えようとしても能力的にそもそも無理なんです。

しかし、行動すること自体は記憶できるため「おすわり」など人間が声を発すると座ることが出来るんです。

このような大前提を踏まえた上でしつけを始めていきます。

スポンサーリンク

しつけ=悪いことを体験させない

2016-04-10_221021

では、実際にどうやってしつけをしていけばいいのかと言うと、私たち人間が言葉に出して叱ってしまうこと、例えばトイレを指定の場所でしいないとか人が手を出すと噛みつくなどの悪いことを犬に体験させないようにすることです。

犬に理解させようとするのではなく、教える人間が気を付けるということです。

「悪いことを覚えないように体験させない」これが“しつけ”の原則です。

そして先程、犬は「行動すること自体は記憶できる」と説明したように誉められご褒美が貰えればまた繰り返し行動しようとします。

ご褒美とは何もおやつに限らず、飼い主さんが「よしよし」と撫でたりするだけでも犬は「良いことをしたんだ」と記憶できます。

逆に犬にとって嫌なことは繰り返しません。

例えば吠えた⇒叩かれた⇒痛いと感じれば吠えないようになります。

よく、吠えたいけど飼い主に怒られるから小さい声で「わんっ。。」と口ごもって吠える犬がいますよね(笑)一度嫌な思いをしたことは犬は覚えているんです。

まとめ

今回愛犬をしつけるにあたり、まずは人間の方が犬の能力と行動を理解して行うことが重要だというお話をしました。

生後60日後からは犬も好奇心が出て活発に活動したい時期です。

成長するにつれて散歩に行ったときに他の犬とケンカしないようにするなど覚えることが増えてきますのでトイレや無駄吠えなど初歩的なしつけは早いうちから着実に練習して覚えさせていくことが大切です。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

簡単!!初心者のための室内で飼う子犬【トイレのしつけ方法】

いつまで続く!?ひどい子犬の甘噛みをやめさせるしつけ方法

スポンサーリンク


▼管理人イチオシ記事▼

2016-04-21_234148 【外耳炎の犬に治療薬オスルニアが効果!?】
症状と原因も解説!
2016-04-24_164704 【トイプードル】カットの種類
人気ランキングベスト7
2016-04-28_005659 犬がコーヒー豆・粉・ゼリーを
誤飲したときの中毒症状と治療法
2016-07-18_233016 【閲覧注意】画像でみる犬の
寄生虫の種類と症状
2016-09-04_161320 はじめて犬を飼う人必見!
信頼できるブリーダーを見つける方法
2016-04-10_221021 【人懐こい】
キャバリア・キングチャールズ・スパニエルの
性格と飼い方
2016-04-26_000927 崩壊しない犬の多頭飼いのコツ!
相性やストレスはサークルで解消
2016-04-24_164026 抜け毛の少ない小型犬種
ランキングベスト3
2016-07-09_203559 【犬の咳】カッーと吐きそうに
えずき止まらないのはなぜ?
2016-08-06_203251 【お金かかるが人が好き】
もふもふ犬ビション・フリーゼの
飼い方

▼人気上昇中の記事▼

2016-08-21_184249 【写真でわかる】
小型犬・中型犬・大型犬の
抱き方マニュアル
2016-04-24_164026 抜け毛の少ない中型・大型犬種
ランキングベスト3
2016-04-24_155551 本当!?トイプードルの体色別の
性格の違いをまとめてみた
2016-05-25_134631 【機内持ち込み不可】
犬を飛行機に乗せるときの 準備と国内線料金
2016-05-25_141105 犬を国際線・飛行機で海外に
連れていきたいときの手順
2016-09-04_232320 簡単★誰でも出来る!
上手な 犬の撫で方
2016-09-04_142035 犬のトリミングを安心して
お願いできるペットサロン の選び方
2016-07-24_183917 【マイペースで頭が良くて大人しい】
ボルゾイの
性格と飼い方
2016-07-27_185352 【気が強くて他人NG】
ワイヤーフォックステリアの
性格と飼い方
2016-04-21_235319 【犬の外飼い方法マニュアル】
知っておくべき7つのコツ

▼今人気の室内小型犬▼


d4e0d4e2c14f6f5cecc2b3ed80924edb_s 【抜け毛が少なく頭が良い】
トイ・プードルの
性格と飼い方
2016-04-10_221021 【人懐こい】
キャバリア・キングチャールズ・スパニエルの
性格と飼い方
2016-08-06_203251 【お金かかるが人が好き】
もふもふ犬ビション・フリーゼ
の飼い方
2016-08-06_185330 【他人にもなつく】
アメリカン・コッカースパニエル の性格と飼い方
2798287bbb56118e5ce5d91cede613e7_s 【小さい体だけど強きで活発機敏】
チワワの
性格と飼い方
4fb6ac0c99e45c6bb59f702c16746ecd_s 【賢く勇敢で頑固】
ミニチュア・ダックスフンドの
性格と飼い方
2016-08-15_233240 【飼い方を間違えると危険】
ミニチュア・ブルテリアの
性格と飼い方
2016-03-06_220323 【警戒心が強く頑固で勇敢】
ヨークシャー・テリアの
性格と飼い方
2016-04-10_222129 【穏やかで人なつこく初心者向け】
パピヨンの
性格と飼い方
2016-04-10_222634 【飼い主に従順!活発な小型の番犬】
ポメラニアンの
性格と飼い方

▼犬のしつけお悩み解決▼

2016-04-21_233509 犬のしつけは生後60日後くらい
から始めるのがベスト!!
2016-04-21_230300 難しい!?鳴き声がうるさい
小型犬の無駄吠えをしつける方法
2016-04-21_225829 飼い主を威嚇して吠える犬に
噛むクセをやめさせるしつけ方法
2016-04-26_003608 いつまで続く!?ひどい子犬の甘噛み
をやめさせるしつけ方法
2016-04-28_235023 【叱るのダメ】
犬がトイレのしつけに失敗したときの 正しい対処法
2016-04-28_234452 室内犬にトイレのしつけを
したいなら犬の習性を利用しなさい!
2016-04-28_234541 簡単!!初心者のための室内で飼う
子犬【トイレのしつけ方法】
2016-05-25_132636 【お尻上げて伏せしない】
ゼロからしつける犬の伏せの教え方
2016-05-25_131316 【危険】犬が散歩でグイグイ
引っ張るのをやめさせるしつけ方法
2016-05-25_131207 歩かない!座り込む!
【嫌がる犬の散歩しつけマニュアル】
2016-05-25_130010 犬にマーキングを室内で
させない具体的な対策方法

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ