犬の保険|料金が安くて手術費入院費の補償金が多くもらえるのはコレ

ペッツベスト

通常、犬や猫などペットにかかる医療費には保険はありません。

しかし、小型犬などインドアドッグの場合は中型犬、大型犬よりも寿命も長いため

その分、ケガや病気にかかるリスクも高くなります。

特に7歳以上の高齢犬、シニア犬になれば身体機能が衰えていくため万が一の時のために

飼い主である私たちがちゃんとしたケアをできる環境を整えておく必要があります。

簡単にできるのは保険に入ること。そしてベストな保険は掛金に対して補償額や補償範囲

が大きく広いものを選ぶべきです。

そこでおすすめしたいのがペット保険年間人気商品ランキング4年連続1位に輝いた(2012~2015年)

楽天のペッツベスト保険です。

ペッツベスト公式

ベーシックプランでは月々の保険料2,020円(4歳トイプードル)の場合、万が一ガンになってしまった時

対象となる医療費が294,200円だと保険金の支払額が219,360円と約80%近く補償されます。

20年前であればペット保険を掛けている人も少数でしたが、人間の平均寿命と同様にペットの寿命も伸びているので

ペッツベスト保険で安心を買うことをワンちゃんのためになります。

⇒ペッツベスト保険で見積もりを取ってみる

このページの先頭へ